財団法人 泉谷病院

外科・整形外科・循環器内科・消化器内科

IZUMIYA HOSPITALトップページサイトマップリンクお問い合わせ
ホーム > 院内施設 > 院内紹介・放射線科
院内施設

理念
理事長挨拶
概要・沿革
院内施設
院内紹介
セキュリティ
耐震対策
コメディカル(医療従事者)
交通案内
外来診療
入院案内
女性向け診療相談
よくある質問
採用情報

財団法人 泉谷病院

〒616-8042
京都市右京区花園伊町41-7
電話:(075)466-0111



放射線被曝(ひばく)に関するご相談は、放射線管理士にご遠慮なく
お申し付け下さい!

私たち診療放射線技師は、X線(レントゲン)撮影、CT、超音波断層検査にて患者様のあらゆる臓器を
写真に写し出し、病気や障害を発見するための画像を医師に提供しています。

特に泉谷病院では、放射線管理士など厚生労働省が推進しています各種認定資格を有している
技師も勤務し、レントゲン撮影はすべてコンピューターを使用して画像を作成していますので、少ない
X線量で、より情報量の多い写真を作ることができます。

私たちの目標は、患者様の被曝(ひばく)を適切に低減して、しかも最適な診断が行える画像を
提供することで、専門診療科の主治医と共に、各種検査に対応するように心掛けています。


●CT検査室
●放射線
●マルチスライスCT

新しく導入したCT装置で高水準の精密検査を受けていただきます。


当院では、最新のCTスキャナを新しく導入いたしました。
この装置は、瞬時に細かく64断面(スライス)が同時に撮影できる
世界最高水準のマルチスライス技術を搭載していますので、
撮影時間の大幅な短縮が可能になり、最高レベルの検査が行えます。
頭部、胸部、腹部等全身の断層像(輪切り)や立体象(3D)の
鮮明な画像が得られ、患者様は寝台に楽な姿勢で寝ていただき、
安心して検査を受けていただけます。詳しい検査内容は、
医師へお気軽にお尋ねください。

ページトップへ

copyright