一般財団法人 泉谷病院

外科・整形外科・循環器内科・消化器内科

IZUMIYA HOSPITALトップページサイトマップリンクお問い合わせ
ホーム > 入院案内
入院案内

理念
理事長挨拶
概要・沿革
院内施設
外来診療
入院案内
女性向け診療相談
よくある質問
採用情報

一般財団法人 泉谷病院

〒616-8042
京都市右京区花園伊町41-7
電話:(075)466-0111

入院のご案内

当院に入院される皆様の手続きや、入院中の生活に必要となりますご案内です。
ご本人様はもとより、ご家族の皆様も是非お読み下さい。



入院の手続き

入院が決まりましたら1階にあります入院受付にて手続きをして下さい。

入院時に必要なもの

健康保険証および各種福祉医療証

入院生活時に必要なもの

洗面用具・バスタオル・ティッシュペーパー・スリッパ・寝間着・箸・スプーン・湯のみ
やかんまたはポットなど、日用品をご用意下さい。
音楽をお楽しみになる場合は、必ずイヤホンをお持ちになって下さい。

インターネット設備

各部屋にはインターネットが出来るLAN回線が設置されております。
※パソコンを含む電源を要する電気機器を持ち込まれる方は事前に病院の許可が必要となります。

ページトップへ

お食事について

朝食・・・午前7時30分〜 昼食・・・午前11時30分〜 夕食・・・午後6時〜

入浴について

  月曜日 水曜日 金曜日
13:00〜14:45 男性 女性 男性
15:15〜17:00 女性 男性 女性
※病状により、看護師または看護補助者が介助します。

個室の利用について

個室の使用については1日5,000円〜5,250円(税別)が必要になります。

病棟の設備

病床数 71床(2階・・・42床、3階・・・29床)
テレビ テレビは貸出(1日250円)もしておりますが、数に限りがあるため、すぐには御用意できない場合もあります。持ち込みも可能です。
なお、テレビをご覧になる時は、ご持参のイヤホンをご使用下さい。
洗 濯 3階患者用洗濯室に有料の洗濯機、乾燥機があります。
使用時間は午前6時から午後7時までです。
駐車場 病院駐車場に、駐車して下さい。(※受付にてサービス券あり)

面会時間

午後2時〜午後8時

多人数や小さなお子様同伴、長時間の面会は、診療や治療上はもちろん、周囲の患者様のご迷惑にもなりますので、ご注意下さい。

車でお越しの際は当院東側にある有料駐車場(サービス券あり)をご利用下さい。
周辺地域へのご迷惑になりますので路上駐車は絶対にお止め下さい。


診療費のお支払い

現金または以下のカードをご使用頂けます。

JCB

VISA

MasterCard

AMERICAN EXPRESS

DISCOVER

DinersClub

UnionPay(銀聯)


ページトップへ

看護部

泉谷病院看護部は、疾病の予防、早期回復、心身ともに快適な入院生活が送れるように、次の理念と方針に基づいて看護を行っています。


看護部の理念

患者様が安全な医療を受けられるように、また救急救命に対応できるような質の高い看護を目指します。
患者様の人格と権利を尊重し、信頼と安心される看護を目指します。

看護部の基本方針

  • 自己研鑽に努め看護の質を高める。
  • 休日、夜間も緊急対応を行う。
  • 医療事故防止対策に基づいた安全な看護を実践する。
  • 看護手順・基準に基づいた安全で公平な看護を提供する。
  • チーム医療の一員として、他部門と協力して医療行為を円滑に行う。
日々向き合う患者様の看護ケアを通して、『看護の質の向上』に努めます。

ページトップへ

介護密度について患者さんへお知らせ

介護の現状

1. 介護保険が高齢者に負担になっています。
健康保険料金も値上げになっています。
しかも、患者あるいは利用者負担率が引き下げられて医療機関や施設への支払い額が大幅に増加しています。
これらを総合すると国民負担は過重に過ぎる現状は国民周知のことです。
一般財団法人泉谷病院として理解し、同情しています。

2. 病院収入になる医療費はこの数年間、単価の引き下げが続き、全国病院の経営は大幅に悪化しています。
当院も例外ではありません。
介護料は介護職員に気の毒なくらい当初より安いです。
社会的な使命感を持って介護の仕事についた人も、過酷な条件に希望を失い、去って行く人のほうが多い現状です。
病院、施設は介護職員の確保に苦労しています。

3. 患者さんの中には、ご自身の負担の重さのみを考え、病院も大変苦労していることをお分かり頂けず、
病院にとって応需できない要求が中にはあります。

4. 当院では看護基準で規定された看護師、病棟介護助手を雇用しています。
介護助手には介護料収入を上回る人件費を支払っています。
一般財団法人泉谷病院の赤字負担になっています。

5. 患者の平均年齢は高齢化する一方です。
重症者が多くなっています。
介護も用便、食事、入浴、清拭補助等、仕事量は増加する一方です。

6. 一般財団法人泉谷病院では入院患者さんを平等公平に扱っています。
要求の多い患者さんに特別な配慮をすることはありません。

7. 病状、介護の必要度と一般財団法人泉谷病院の看護師、介護助手の応需労働力を
なるべく公正に割り振って作業計画を策定しています。

一般財団法人泉谷病院の見解

当院の介護作業に患者側から見れば不十分な点は多々あろうかと存じます。
しかし、上記説明しましたように応需能力は限界を超えています。
当院の介護作業にご不満な患者さんは当院との入院契約の合意が破綻していますので、
患者側の自己責任で退院していただきます。

平成20年10月6日
一般財団法人泉谷病院

ページトップへ

copyright